スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - |
Entry: main  << >>
プリマベエラとうたた寝
千葉の翌日は横浜へ。
滑稽のドア企画 フレンズ第三話「プリマベエラとうたた寝」で、
天王町Orange County Brothersへ!

雨がしとしと降っておりましたが、企画への期待感と
相鉄線の車両デザインのかわいらしさにテカテカしながら到着!
中に入るとすでにカオス状態で、なんぞー!ってなって更にテッカテカ。
人の家でライブやってるみたいな、不思議な空間。

みんな瓶ビールをラッパ呑んでると思ったら、ドリンクのビールが瓶なのね。
大好きなラガーの瓶でご満悦!

murder murder に間に合ってひとまず安心。
名古屋からいらした、ギタボとドラムの2人編成のバンド。
去年のエトーくん+ゆとりぱんく企画で観て、かっこよかったのです。
魂を込めて唄いあげるボーカルと、それをさらに掻き立てるドラム。
距離のせいか前に観たときより、より生々しく感じた。CDいっぱい聴こう。



Plat Home Nineも熱かった!
中島くんが叩いてるところをこんなに近くで観られるなんて、贅沢。
小原さんはいつもほろ酔いだけど、この日はかなり酔ってたのかな。
機材に倒れこんでたし(笑)故にギターは素敵に哭いてた。
この日の外山くんのベース、ワルイ音してた。かっこよかったー。
そしてエノさんの唄。心に染みました。


滑稽半端ない。もう、かっこよすぎる。
お互いに挑発し合ってる感じがたまらなかった。
ミツさんがドラムをグーパンで鳴らしてたらしいんだけど、見逃したよ。
最後にやった曲が好きすぎるので、絶対に音源にしてほしい。


しかし、この距離感、たまらないな。
本来ライブってこうあるものなんじゃないかと思った。
「お、やってるやってる」みたいな感じでフラッと入れて、自由な感じで。

あ、この日はチャージフリー、フードフリーの無料ライブだったのです。
ありがたいよね。ビールいっぱい呑んじゃうよね。
もっと呑みたかったけど、終演後にビールは品切れてしまいました。
フードはおでん。最終的に57の根本くんが味付けしてた(笑)美味〜♪

機材トラブルも多くて大変そうだったけど、
いろんな人が助け合って作られていく感じが、すごく楽しかった。
そして、滑稽の2人の大きさにひそかに感動したのでした。


オレカン、雑だけど素敵な場所。
マスターそっくりの人形が無造作に置かれてた。
また、ここに来る。間違いなく。
| marr | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - |
Comment
泣いてたんじゃなくて、
哭いてたんだぜ。
Posted by: a Killer |at: 2012/03/23 2:40 AM
OH・・・
なんか違和感あったけど、
この漢字が出てこなかった。
はずかしいので、修正(・ω<)
Posted by: marr |at: 2012/03/24 10:04 PM








Trackback

Profile

Category

Entry

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Archives

Comment

Trackback

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links