スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - |
野田サリー!!!!
まったく、いつの話なんだかって感じですけれども・・・
はい、この流れはもういいですね。

8月・9月と2回、念願の野田サリーのライブに行ってまいりました!
滑稽のドアのミケラさんが代表をつとめる、ビックバンドです。

聞く話によると、毎回メンバー構成や衣装がかわったり、
とてもわたくし好みの音楽であるってことで、とにかく早く目撃したかったのだけど、
ライブの本数がすくなく、なかなか夢叶わずだったのです。


8月は新宿HEAD POWERという、初めてのハコで、
どういうつながりのイベントなんだかよくわからない感じでしたが・・・
とにかく!ものすごく!笑っちゃうくらい、かっこよかった!!

これだけ音数が多いのに、ひとつひとつの音がはっきりしてるし、
立ちボーカルのミケラさんが、滑稽とは全く違う雰囲気で新鮮。
特に好きだったのが、ジャジーなキーボードの音と鳴りもの。
いろんな音が鳴ってるおとなのミドリって感じかな。

最後にやった「ギフト」って曲が、すごくよくて。
ひとりづつ、演奏を止めてステージから去っていく演出がすばらしかった。
この日の衣装のテーマは「夏」だったのだけど、
アロハに短パンでゴーグルをつけたBa.のでんぷんさんが、
ステージからフロアへ飛び込みしたのがグッときすぎて泣いてしまった。


9月はおなじみのHEAVEN'S DOOR。
ヒフカというバンドさんの結婚パーティーという不思議なイベントでした。



この日は7人構成で、パーカスのタカシさんがドラムを叩いてました。
タカシさんとエツさんの顔がかくれてしまった・・・
この日もテーマは夏!幽霊さんが鳥になってる!ちゃんと見えているのか気になるところ。

ヘブンズの爆音で聴くと、さらに気持ちよかったな。
紙ふぶきが、パーティーに花を添えていました。


東京梁山泊を見逃してしまったけれど、
東京真空地帯とヒフカもかっこよかったし、いろんな人と話せてとても楽しい夜でした。


次のライブはかなり先になりそう。楽しみに待とう。





ヘブンズのトイレットがしばらくこのような状況なのですが、
イイ感じでアレできないんだよなーーー。ケツってどのあたり??
どうでもいい話でしたね。では。

| marr | comments(0) | trackbacks(0) |
おかえりなさいとおめでとう
月曜はkinotoへ。
この日はPlat Home Nineレコ発 kinoto ver.、
そして、記念すべきApteの初ライブでした。

これが初ライブなんですか!! と。
先日プレライブ(ギャラクシアン・デス・スコーピオンズ名義)があったとはいえ、
曲と演奏の完成度がはんぱなさすぎる。
分厚い雲のすきまから降りてくる光のような、長いトンネルを抜けたまぶしさのような。
そんな、うまくいえないけど、そんなイメージがぶわっとひろがった。
おもいっきりシャウトして暴れるエトーくん・・・もう言葉がでなかったよ。
これからまた追っかけてしまうんだろうな。楽しみだ。

そして、57pictures。
ナルコでの天野くんの暴走はまだまだ止まらなかった(笑)
今回はドリンクカウンターで酒を入手し、隣で飲みながらステージをみてた。
いいねー、そういうの大好き。ドリンク飲んでる笑顔がかわいかったー。
「白の庭」は聴くたびによりエロく、美しく、壮大になっていくな。これが57だ。

Plat Home Nineはいつもよりながい演奏時間。
最近はずっと新曲中心のセトリだったので、ひさびさに
「dischordが笑う」「動かない窓」「かざぐるま」が聴けてうれしすぎ!
音も照明も完璧で、みんな笑顔で楽しかった。外山くんのベースやっぱり大好き!

さてさて、終演後は酒を呑みまく(ry
楽しかったー♪



とってもすてきなMV。えのさん、はむ男くんに負けじとかわいい。かわいいなー。

| marr | comments(0) | trackbacks(0) |
中間決算!!!
ついに中間決算の日。
もう楽しみすぎて、何日も前からそわそわそわそわ。
滑稽×ピグとか、絶対雨ふるとかおもったら、相殺されたのか汗とまらぬ快晴。
これ以上はないテンションでU.F.O.CLUBにとうちゃくー。



1番目のヨソハヨソ、いきなり立ちドラムの人の様子がおかしくて、
あぁこれは何かはじまるな、って感じだった。
予想のナナメ上をいきすぎてて、笑ったわ。もうしょっぱなから、あがりまくり。
汗ふいたタオルでフロア雑巾がけして、そしてそのタオルで、また汗ふくとか(笑)
パフォーマンスだけでなく、曲も音もヤバかっこよくて。もうなんか凄すぎて好きすぎた。

bonitoは、真夏の夜の夢って感じで、
ジャジーで涼しげなオトナの時間。蒸し暑い夜にぴったりでゆらゆら。

夜の夢は、ほんわかなのか攻撃的なのか、不思議なバンドだったな。
MCがおもしろい。最後の曲にじんときた。CDほしかったけど置いてなかったような。

トリ前はPygmalion。この日は、リョコさんがチャイハネだった。
おおー!! ってなってたら、まさかのTo LOVEる。
リーダーのエフェクトプレイからスタートのはずが音が出ず・・・
冷静に見つめるメンバーの表情がおもしろすぎた。
赤く染まった空間で聴くプリシラ。まさに血まみれ。これ以上ないほどはまってた。

そして滑稽のドア。
ミケラさんが仮面をつけて登場して、もうあまりにもかっこよくて、くらくら。
ミツさんはめちゃくちゃ楽しそうで、観ててすんごくしあわせな気持ちになったし。
バスドラの上に立ち上がったミケラさんが、照明の逆光でまぶしくて、
その下でミツさんが一心不乱にドラム叩いてて・・・うん。もう最高としか。

滑稽企画は、やっぱりどどどストライクだったわけ。
株主総会が今から楽しみすぎる!


U.F.O.CLUB、隅からすみまで、すてきすぎ。トイレットでこれですもの。
ドリンクカウンターのところに貼ってあった、坂本さんのポスターかわいかったな。

終演後は、高円寺をそぞろあるき、打ち上げへ。
空があかるくなるまで語り笑いながら呑みました。
あんまり楽しかったので、帰り道はなんだかさみしくなっちゃった。

| marr | comments(0) | trackbacks(0) |
3×3×3レディ
金曜はつっちーのライブペインティングを観に代官山へ。
Ending Story of Da~ni_da 企画@晴れ豆。
街の冷たい態度(妄想)にちいさくなりつつ到着すると、
知り合いがいっぱいだった!うれしー安心!

つっちーが描いているところ、まっしろなキャンバスに色がひろがってゆくところ、
ずっと観ていたかったけど、またしても世知辛い事情。
ライブはYour Last Chickenがはじまる前でした。

このバンドはPlat Home Nineを観にBUSH BASHに行ったときにはじめて観て、
その繊細でうつくしい音色と歌声に心を打たれたのです。また聴けてうれしい。
今回は福原希己江さんとのセッションもあり、これがまたすばらしかった。
福原さんはじめてだったけど、透明感のある風のような歌声がすてきでした。

そのあとのDa~ni_da。えのさんがコーラスで参加してた!
プラット以外で歌っているえのさん、新鮮だったな。
緊張感が伝わってきて、なぜだかずっとドキドキしてた(笑)

そんな感じで楽しんでいる間につっちーの絵も完成!



塗りつぶされた目がかっこいい。シールドぶちこめ!みたいな。
携帯なのでキレイに撮れなかった・・・実物はもっとすてきなのにーー!

そうそう、晴れ豆のドリンクって「おはじき」と交換なんだよね。
それってば・・・・・・いや、いや。なんでもないよ!

帰り道もたのしいうれしい夜でした☆

| marr | comments(0) | trackbacks(0) |
Switch Back
この企画に参加するのは2回目。前回のvol.3は2011年の震災直後だった。
フロアライブでみんなの距離が近くて、ほんのすこしの灯りがあたたかな夜だった。
あの夜聴いた「Switch Back」に背中を押してもらってやっと前を向けたから、
このバンドを、何があってもずっと応援しようと心に決めたのです。


イベントは、mellow outの「Switch Back」のカバーからスタート。
すこしだけスタートが押してて始めから聴けてよかった。あぶなかったぁーー。

続くPygmalionは「Pygmalion発車します」で出発進行!
カオスっぷりが大変異色ではありましたが、この良さをわからないようでは。
ようは気持ちってことです。ライブってそういうもんでしょ。
Pygmalionは平常運行。なんだか安心。

GUN FRIEND SHIPは3度目だったけど、今回のセトリがいちばん好きだったな。

とっても楽しみにしていたafter the greenroomはやっぱりすごくよかった。
やまみさんの歌声、魂ゆさぶられるとはまさにこのこと。
あたたかくて、ぐぐぐと力が沸いてくる。

そしてPlat Home Nine。
一曲目から「Switch Back」で、あの日からのいろいろがあふれてきて、
いきなり涙してしまった。最前列で・・・はづかちい。
エトーくんがゲストで参加した「カナダドライ」はすごい盛りあがり!
みんなに愛されすぎだよ、エトーくん。うれしくて楽しくて、また涙。
そして、わたくし的なクライマックスは「うみびのはな」の外山くんでした。
こんなに感情に訴えてくるベーシストはなかなかいない。もうプラット最強すぎる。


今回もすてきな入場者特典がありました♪

ぷらっとほーむないん号 特別乗車券(JR ver.)!!
ナカジマくんのイラスト&デザインのポストカードが2枚も!!
さらにSwitch Back Issue!! Local 3の特集は鶴見線!今回も熱いぞ!!



Plat Home Nine / adagietto
大好きなあの曲たちがCDでも聴ける。
こんなにうれしいことはない。
一曲一曲に込められた想いを改めて感じながら。

| marr | comments(0) | trackbacks(0) |
万華鏡のきらめき in まっくら森
7月1日はプニカポルカを観に大塚MEETSへ。

やっぱり、まぎれもなく、大好きでした。
良い意味で不安定なルルパルさんのボーカルと、ドンくんのギターの音色にキュンとなる。
ドンくんのギター、ほんとにすてきすぎるよ・・・うっとりだよ。
ライブのあいだは、完全に物語のなか。ふわふわゆらゆらはらはらどきどき。
個人的には藤城清治さんの影絵の世界にすごく近い気がしてる。



この曲がとても好き。切なすぎて涙がでてくる。

| marr | comments(0) | trackbacks(0) |
だんだん厳しくなってきた。
ブログの更新が追いつかないよう・・・
でもライブの観戦きろくは出来る限り残すと決めたので。3つまとめて。

6月21日 Pygmalion@Wild Side Tokyo

ピグ初ワイサイ。
新曲やった。「はるか南」、この曲をやるのは2回目とか??
夏らしいレゲエ調の曲。お酒を飲みながら、揺れながら、
はるか遠く海の上にぽつりと浮かぶ小さな島をおもふ。

この日はスタートから最後まで、たっぷり楽しめてよかったな!
やっぱりワイサイは居心地いいなぁ。気が付いたらいつも終電だもん。
終演後、客を追い出さないのは店長のこだわりらしいです。


6月27日 57pictures@kinoto

レコ発企画以来の57。
今回も「ナルコレプシー」で天野くんが大暴れ。
シールドしゅぽんしちゃって、何故か根本くんのギターの音も消えて、
最後リズム隊の音だけっていう(笑)最高のカオスでした。

この日もBar Timeやってて、飲んでから帰宅。
57の激レア写真を見れたりで楽しかった!




6月28日 もらん/about tess@CHOP

12日のよしんばTV(こちらについては後日)で再会したナルケさんのバンド。
この日やっと観れた。仕事がどうにもこうにもで3.5曲しか聴けなかったけど・・・
女性Dr.とツインギターの3ピースバンド。
やわらかなグルーブが最高に心地よかった。しばらくライブないみたいで残念。

about tessはやっぱり凄かった。特に終盤、あんまり凄すぎるんで笑ってもた。
全音域を爆音で浴びつづけて、身体の隋まで痺れた。ぶるぶる。


てな感じで6月のライブ観戦はすーりょー。
ほんとはもう1本、29日に大切なライブがあったのだけど、世知辛い事情でゆけず。
あーーー思い出すだけで、悔しい。泣く。

| marr | comments(0) | trackbacks(0) |
よろしくロックンロール
タイフーンがやってきてまして。ま、そんなことは関係なく。
滑稽のドアが渋谷屋根裏に初登場!とのことで行ってまいりました。

会社を出たときは、よゆーよゆーって感じで(とはいえ地下鉄で移動する心配性)、
でも、渋谷に着いたらすんごいことになってて笑った。傘、意味ねー。
そんなこんなで渋屋根に到着。あぁ、なんか懐かしいな。とあの日々を思い出したり。

滑稽は絶対に渋屋根に合うと思ってたんだ。やっぱりだよ。
ミケラさんのボーカルがこんなにハッキリ聞こえたのは初めてかも。
歌詞も判明してうれしかった。ギターの音、歪みの気持ちよさは言わずもがな。
この日はドラムのセットが近くて迫力があって、それもすごく良かった。
やっぱりお互いに挑発し合ってる、あの感じがすごく好きだな。
もう最後の曲とか、泣けるくらいかっこいい!!

滑稽の後に出てたバンドも良かった。
トゥントゥンってドラム音とキーボードの音のトリップ感がなかなか。
変態っぽいバンドがいっぱい出てるんじゃないか?渋屋根。

終演後は、まだ外がアレだったんで、いろいろと語らいました。
滑稽のふたりはほんとに普段の話からしてブッ飛んでるし、笑えるから大好き。
熱い話もしてとってもいい時間だった。

外に出たら、人がいなくて風が気持ちよくて。
ぼろぼろになって投げ捨てられた傘は、やっぱり死体に見える不思議。



滑稽企画もあともう少し!
このフライヤー(笑)こういうセンスも滑稽らしくて最高。
だって、こんなアイデアふつう思いつかないでしょ(笑)

| marr | comments(0) | trackbacks(0) |
ぜいたくなにちようび
日曜日は、Plat Home Nineえのさん企画「静かの車両基地」@ERA Barを観たのち、
スカイハイツオーケストラ企画「邯鄲の夢枕」@渋谷La.mamaへ。

ERA Bar、いつもの感じを想像していたんだけど、
ござが敷いてあって照明もあたたかい感じで、壁には電車の写真が貼られいて。
別の場所のようだった。

お腹ペコペコだったので、早速えのさん手づくりの「えのコロッケ」を食す。
ひとくち食べてから「あ!写真写真」って鞄をごそごそしたところ・・・カメラないし。
嗚呼、このすてきな空間もこのコロッケも何も残せないのね。このバカちんが!
ふー・・すこし落ちて気を取り直して再びコロッケを。3つの味があって、どれもうまい!
特にカレー味が気に入りました。ビールにもぴったり☆

この日は弾き語りイベントだったのだけど、
個性豊かな出演者たちで、みんな素晴らしい演奏と唄だった。
個人的にはRed Chimneysの關さんが特に良かった。妖しい魅力。
ご本人も昼っぽくないといっていたけど、夜に聞いたら更に酔える感じ。
そしてえのさん。弾き語りは初めて。
「汽笛」という曲、なんという美しい・・・切なすぎて涙がうかんだ。
18きっぷの曲も良かったな。JRはこの曲でCMを作るべきだと思う。

楽しかった
ERA Barを後にし、渋谷へ移動。
La.mamaはいつ振りか忘れてしまうほど久しぶり。

この日のPygmalionは、凄まじくロックだった。
ああいう感じをもっともっと出していったらいいんじゃないだろうかと思う。
La.mamaは照明がパワーアップしてる気がしたんだけど。
安田さんの両脇から、後光のような強烈な照明がぐるぐるまわってた。

スカハイはすんごく久しぶりだったので、知らない曲ばっかりだった。
神様聴きたかったな。イエモンの「楽園」のカバーも良かった!

昼から音楽漬けのいちにち。ぜいたくしたー。



青春18きっぷ、2012夏のポスターは憧れの飯田線!!
旅に出たい。まだ見ぬ場所へ。

| marr | comments(0) | trackbacks(0) |
新宿NIGHT!!!!
6月13日は、Plat Home Nine@NINE SPICES 〜 POCALIS@Motion。
最近行きたいライブが重なりすぎて、ほんと困る。
この日も移動時間を含めて完璧なタイムスケジュールで無事はしご。ほっ。

プラットもPOCALISもボーカルがすごく魅力的なので、
どうしてもボーカルに目が向いてはしまうんだけど、
他のメンバーも目が離せないかっこよさで忙しいんだよなー。
POCALISのDr.シンドウくんは白目剥いてドラム叩くのがたまらん。

POCALIS、今のところ都内は月1、2回のペースだな。
そこに行けないとなると・・・もう茨城に行くしかないな。
音源にない曲ですんごく好きな曲があるし、「靴紐を結びたい」もライブで聴きたい。


この日、プラットはレコ発前最後のライブでした。、
ライブを観るたびCDを聴きたい熱もどんどん上がっていって、
あとはこの日を待つのみ!
この出演者。最高の一日になることは間違いない。



| marr | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/6   >>

Profile

Category

Entry

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Archives

Comment

Trackback

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links